全部段差をなくす必要は

FH085_L
Q家の中のすべての段差をなくす必要はありますか。
A年とともにだれでも身体機能は衰えます。若く元気な時はなんともなかった敷居につまずいて転んだりします。これは視力が弱くなったり、すり足で歩くようになるためです。そこで、こうしたことを防ぐよう今まで日本の家ではよく見られたようなちょっとした段差は基本的には作らないようにします。段差を作るなら、むしろはっきり分かるくらいが安全です。
段差をなくす意味は「つまずいてけがをしない」ことと、「歩行器や車椅子などが使える」ことです。また、部屋が狭い場合に段差のない仕上げにしておけば、隣の広さを利用して、歩行器などを使うことができます。
たくさんの物件をこちらのサイトから→家 高く売る ご覧いただけます。
基本生活部分は段差をなくす
寝室や後でケアルームとして使う部屋からトイレ・洗面・浴室など水回りへ通じる経路は、段差のない仕上げとしてください。自立した生活、人間の尊厳を守る生活のために、もっとも重要な部分です。
排水方法で違う段差の処理
浴室は排水処理の問題から、今まで脱衣室の床高より少し床を下げていました。高齢期の住まいへの対応が考えられるようになってから、浴室と脱衣室の間の出入口の段差をなくしても水が脱衣室へ流れてこないように、引き戸に沿って排水口を取る方法が開発されました。できれば、こうした方法で段差をなくしましょう。ただし、段差をなくすのが難しいときは、今までのように浴室側を少し下げても大丈夫です。この場合、車椅子などを使うときは、浴室の床にすのこを敷いて床高を脱衣室と同じに調襲できます。なお、マンションなどは脱衣室と廊下の間で、水回り部分が廊下より高くなっている場合がありますが、後で高さを逆にすることはできません。気をつけましょう。
部屋が狭いときは隣り同士の段差をなくし、広く使います
一つの部屋で必要な広さを取れないときでも、隣の部屋との床高が同じで段差がなければ間仕切り戸を開け、二つの部屋を一つの広い空間として使うことができます。この場合は間仕切り戸のレールは埋め込みにします。和室の場合も同様です。
ケアルームが別なら、予備室(和室)は段差があってもかまいません
一般には和室に続く部分も段差がないほうが望ましいことです。ただし、予備室として利用するといった部屋の使い方で、ケアルーム部分が別に用意されているときは、絶対に段差をなくしておかなければいけないということはありません。車椅子などを使うとき、使わずに生活できる部屋まで、すべて段差をなくす必要はないということです。ただし、この場合でも、つまずきやすいようなちょっとした段差ではなく、はっきりとした床高の違いにしてください。