和式か洋式か

FH082_L
Q今まで畳の部屋が生活の中心でした。高齢期の住まいとしてすべて洋式にしなければいけないような印象を受けますが、いかがでしょうか。
A高齢期の住まいとして考えると、全体としては洋式(洋室で椅子を使う生活)がよいでしょう。しかし、無理にすべて洋式にする必要はありません。住み慣れた生活様式で大丈夫です。ただし、和式(和室で座る生活)では歩行器や車椅子など車輪を使う機器は、床の滑りが悪いので使えず、介護する人の負担が大きくなります。必要なときに洋式に変えられるようにしておきましょう。また、あまり慣れていなくても、トイレは始めから洋式がよいでしょう。
間取りは非常に重要です。←こちらのサイトからいろいろな間取りを参考にできます。
和式がよいか洋式がよいかは、個人の好みでどちらでもよいと思います。たとえば個室の場合を考えると、住む人の趣味に合わせて、書道が好きだから和室にしたいとか、油絵を描くから洋室にするという決め方もあります。一般に洋室のほうが、椅子やテーブルなどの家具を置くため、和室より広さが必要になります。和室は洋室に比べて、昼は趣味の部屋、夜は寝室として使うことができるなど、融通のきく使い方ができます。居間として使うことも、大勢の人が集まることもできます。また、部屋が洋室でも床に座ぶとんを敷き、座って生活することはできます。逆に、畳の部屋に絨毯を敷いたり、ベッドやソファーを使う風景もよく見られます。こうして考えると、意外と和式と洋式の差は少ないのかもしれません。ただし足腰が弱ったり、介護が必要になったとき、和室は問題が生じます。それぞれの特性を考えて決めてください。
和室
畳の部屋での、座る、立つ、ふとんの上げ下ろしなどが、足腰を鍛えるとよくいわれます。体の状態によっては、立ち座りが不自由になっても、這う、転がるなどして自分で動ける場合もあります。しかし、歩行器や車椅子など車輪のある福祉機器は畳の上では使いづらく、自力での行動力灘しくなったときは、介助する人の負担が大きくなります。
洋室
椅子やベッドを使うことで立ち上がりが楽にできるため、自立した生活が長く続けられます。歩行器なども使いやすいので、生活の範囲も広がるでしょう。福祉機器が使いやすいことは、介助する人も助かります。
トイレ
洋式なら、身体機能が衰えても座る、立つといった動作が楽にできるので、長く自分で使えます。逆に和式は立ち座りが困難になると使えなくなります。水回りを後で改造するのは費用もかかり大変です。始めから洋式にしましょう。現在、和式を使っている人は、元気なうちに洋式に改造し、手すりをつけられるようにしておきましょう。排泄の自立は生活の基本であり、だれもが願うことです。