未分類

全部段差をなくす必要は

FH085_L
Q家の中のすべての段差をなくす必要はありますか。
A年とともにだれでも身体機能は衰えます。若く元気な時はなんともなかった敷居につまずいて転んだりします。これは視力が弱くなったり、すり足で歩くようになるためです。そこで、こうしたことを防ぐよう今まで日本の家ではよく見られたようなちょっとした段差は基本的には作らないようにします。段差を作るなら、むしろはっきり分かるくらいが安全です。
段差をなくす意味は「つまずいてけがをしない」ことと、「歩行器や車椅子などが使える」ことです。また、部屋が狭い場合に段差のない仕上げにしておけば、隣の広さを利用して、歩行器などを使うことができます。
たくさんの物件をこちらのサイトから→家 高く売る ご覧いただけます。
基本生活部分は段差をなくす
寝室や後でケアルームとして使う部屋からトイレ・洗面・浴室など水回りへ通じる経路は、段差のない仕上げとしてください。自立した生活、人間の尊厳を守る生活のために、もっとも重要な部分です。
排水方法で違う段差の処理
浴室は排水処理の問題から、今まで脱衣室の床高より少し床を下げていました。高齢期の住まいへの対応が考えられるようになってから、浴室と脱衣室の間の出入口の段差をなくしても水が脱衣室へ流れてこないように、引き戸に沿って排水口を取る方法が開発されました。できれば、こうした方法で段差をなくしましょう。ただし、段差をなくすのが難しいときは、今までのように浴室側を少し下げても大丈夫です。この場合、車椅子などを使うときは、浴室の床にすのこを敷いて床高を脱衣室と同じに調襲できます。なお、マンションなどは脱衣室と廊下の間で、水回り部分が廊下より高くなっている場合がありますが、後で高さを逆にすることはできません。気をつけましょう。
部屋が狭いときは隣り同士の段差をなくし、広く使います
一つの部屋で必要な広さを取れないときでも、隣の部屋との床高が同じで段差がなければ間仕切り戸を開け、二つの部屋を一つの広い空間として使うことができます。この場合は間仕切り戸のレールは埋め込みにします。和室の場合も同様です。
ケアルームが別なら、予備室(和室)は段差があってもかまいません
一般には和室に続く部分も段差がないほうが望ましいことです。ただし、予備室として利用するといった部屋の使い方で、ケアルーム部分が別に用意されているときは、絶対に段差をなくしておかなければいけないということはありません。車椅子などを使うとき、使わずに生活できる部屋まで、すべて段差をなくす必要はないということです。ただし、この場合でも、つまずきやすいようなちょっとした段差ではなく、はっきりとした床高の違いにしてください。

水回りが狭いとき

FH084_L
Qトイレ、洗面所、浴室などの水回りが、ゆったり取れません。万一に備えるよい方法はありますか。
A必要になったら間仕切りを取って広くできるように計画しておくか、ワンルームにする方法があります。このほか福祉機器や施設サービスを利用する方法もあります。どちらにしても、後でどう対応するか、きちんと考えておくことが大切です。
全体の面積に余裕がないと、始めから万一に備えて水回り部分をゆったり取ることは難しい場合があるでしょう。しかし、「トイレに行ける」「風呂に入れる」といったことは人間の尊厳に関わる大切なことです。極論すれば「老後の備え」とは、ある意味でこうした生活の基本をいかにきちんとできるようにしておくか、につきるともいえます。そこで、体の機能が低下し、何か一つの動作が不自由になって車椅子などを利用する場合への対応として「トイレと洗面所」「トイレ、洗面所、浴室」などのように水回りをワンルームとして広く使う方法や、後で必要な広さに改善できるよう、あらかじめ準備しておくといったことが考えられます。福祉機器や施設サービスを利用する方法はこれから介護保険で受けられるサービスになると思われます。こうした方法があることを知っておいてください。
住宅購入時には地震対策も十分気にしておきましょう。←こちらではその他住宅関連情報がたくさんあります。
必要になってから改造する
洗面所とトイレを隣接させ、いざというときには間仕切り壁が簡単に外せる構造にしておきます。トイレの隣に納戸などを設けて、広いスペースが必要になったとき間仕切り壁を移動して広くすることができます。
ワンルームで広く使う
スペースが狭く水回りの各部分が独立して取れないときは、ワンルームとして計画すると広く使えます。夫婦など二人の住まいとすると、こうした割り切り方も考えられます。

廊下は必要か

FH083_L
Q歩行器や車椅子が使えるように廊下幅も今までより広い幅が必要とのことですが、全体の面積が狭いときにはどうしたらよいでしょう。廊下は必要ですか。
A廊下は部屋と部屋をつなぐ通路で、部屋の独立性を高める役割を果たします。夫婦二人程度の人数で生活するときは、部屋の独立性を保つ必要性は低くなるので、廊下自地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、←こちらをご覧ください。
体をなくすとか、廊下部分が少ない間取りにすることが十分考えられます。
夫婦など二人程度の生活は、生活動線を整理してシンプルな間取りにすることは容易です。例えば玄関から居間を経て、直接個室へも行けるといった間取りも考えられるでしょう。こうした場合、居間と個室での生活が互いに気にならなければ問題はないわけです。むしろ、お互いの気配を感じられるほうが、急な病気などでも安心です。しかし、家族が多ければ事は簡単ではありません。例えばだれかが居間で夜遅くまでテレビを見るとか、夜食を食べている隣で、朝早く出かけなければならない人が寝ているといった生活もあり得ます。廊下で部屋の独立性を高めないと互いに不満が起きかねません。このように同じ家に住む人数が多いときには、夫婦や子供のプライバシーをそれぞれ保つよう、個室にも独立性力要求されることがあります。同様に部屋数も多くなるので、生活動線が重ならないためにも廊下の必要性は高くなります。むろん家族数が多くても廊下などを取らないといった考え方もできます。間取りは家族の間柄をどのように考え、整理するかで違ってきます。暮らしについてのいろいろな考え方が表れるのが間取りです。住まいを計画するときは、今までの自分の生活の延長としてだけではなく、こうした視点からも検討してみてください。きっと今まで以上に自分流の住まいができるでしょう。

和式か洋式か

FH082_L
Q今まで畳の部屋が生活の中心でした。高齢期の住まいとしてすべて洋式にしなければいけないような印象を受けますが、いかがでしょうか。
A高齢期の住まいとして考えると、全体としては洋式(洋室で椅子を使う生活)がよいでしょう。しかし、無理にすべて洋式にする必要はありません。住み慣れた生活様式で大丈夫です。ただし、和式(和室で座る生活)では歩行器や車椅子など車輪を使う機器は、床の滑りが悪いので使えず、介護する人の負担が大きくなります。必要なときに洋式に変えられるようにしておきましょう。また、あまり慣れていなくても、トイレは始めから洋式がよいでしょう。
間取りは非常に重要です。←こちらのサイトからいろいろな間取りを参考にできます。
和式がよいか洋式がよいかは、個人の好みでどちらでもよいと思います。たとえば個室の場合を考えると、住む人の趣味に合わせて、書道が好きだから和室にしたいとか、油絵を描くから洋室にするという決め方もあります。一般に洋室のほうが、椅子やテーブルなどの家具を置くため、和室より広さが必要になります。和室は洋室に比べて、昼は趣味の部屋、夜は寝室として使うことができるなど、融通のきく使い方ができます。居間として使うことも、大勢の人が集まることもできます。また、部屋が洋室でも床に座ぶとんを敷き、座って生活することはできます。逆に、畳の部屋に絨毯を敷いたり、ベッドやソファーを使う風景もよく見られます。こうして考えると、意外と和式と洋式の差は少ないのかもしれません。ただし足腰が弱ったり、介護が必要になったとき、和室は問題が生じます。それぞれの特性を考えて決めてください。
和室
畳の部屋での、座る、立つ、ふとんの上げ下ろしなどが、足腰を鍛えるとよくいわれます。体の状態によっては、立ち座りが不自由になっても、這う、転がるなどして自分で動ける場合もあります。しかし、歩行器や車椅子など車輪のある福祉機器は畳の上では使いづらく、自力での行動力灘しくなったときは、介助する人の負担が大きくなります。
洋室
椅子やベッドを使うことで立ち上がりが楽にできるため、自立した生活が長く続けられます。歩行器なども使いやすいので、生活の範囲も広がるでしょう。福祉機器が使いやすいことは、介助する人も助かります。
トイレ
洋式なら、身体機能が衰えても座る、立つといった動作が楽にできるので、長く自分で使えます。逆に和式は立ち座りが困難になると使えなくなります。水回りを後で改造するのは費用もかかり大変です。始めから洋式にしましょう。現在、和式を使っている人は、元気なうちに洋式に改造し、手すりをつけられるようにしておきましょう。排泄の自立は生活の基本であり、だれもが願うことです。

福祉機器を使い、生活の幅が広がる

FH081_L
●自分に合う歩行補助車で、自力で家のなかも歩けるように
品川区在住の女性(63歳)、96歳の母親と来所
介護福祉士の友人にモデルルームのことを聞いた。歩行器などを母に試させたい、とのことだ。母は足腰が弱り、ベッドサイドにやっと立つ程度だが、自分で動きたいという意志もある。足こぎで自分で車椅子を使うか、歩行器を使って家の中で段差のないところだけでも動きたい。足こぎで使える小型の車椅子は置いていないが、状態を見ると自分で足こぎは無理と思われる。歩行補助具を数種試してもらう。車椅子から立ち上がるのにも介助が必要だが、1~2歩、歩ける。スムーズに動くようになるには立つことから始めなければならないが、本人も「これで私ももう一度歩けるようになる」とおっしゃっていた。相談者も「本人のやる気だけが頼り。少しでも前向きになってくれれば」と、歩行補助車のパンフレットを持ち帰る。
ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。
●福祉機器を使い、生活が自立。人間関係も好転し、外出意欲わく
品川区在住。1月息子(69歳)来所。母(86歳)入院中
足が弱ってきているので、帰宅後の生活全般について相談。和室にベッドを入れてもよいかとの相談。普通は畳がいたむがベッドの脚の下に板などを敷けば可能。ポータブルトイレを勧める。また、浴室は使いづらく改造が必要(入浴がおっくうで3カ月ぐらい入らないことがある)とも。浴室内で、すのこ、椅子、台などを利用して解決できる点もあると助言する。その結果、妻と相談のうえ、(機器)申請を行う可能性あり。3月再び息子一家来所。母は2月に退院したが、和室での生活から腰痛再発、立ち上がることも困難で、電動ベッド、テーブル板、家具調ポータブルトイレを区に申請したとのこと(全額区補助)。母はショートステイを嫌がっているが、息子の妻も病弱で、施設・入浴サービスなど、他人の手を上手に借りることが不可欠。3月息子の妻来所。ベッドなど福祉機器が入ったお礼。とてもうまくいっている様子。4月息子の妻と母来所。電動ベッド、ポータブルトイレが来て母がとても喜んでおり、人間関係も好転。母が外出の意欲を持ち、車椅子でモデルルームに。車椅子を申請。介護型ではなく、自操式の大きなタイプ。乗るほうも介助するほうもずっと楽とのこと。展示作品を見て種極的な気分に。デイサーピスも見学するよう勧める。入浴サービスの申し込みをする。

家から街へ3

FH080_L
歩行しやすい階段
高低差をスロープやゆるやかな階段で処理できないとき、車椅子での移動は段差解消機の利用を想定してください。むろん元気な介護者がいれば段差解消機がなくても背負って階段を下りることはできますが、介護者に相当負担がかかります。外出の機会が少なくなるものと思われます。蹴上げ(1段の高さ)は10cm、踏面は30cm程度とします。安全性を高めるため、夜間でも確認できるよう、仕上I淵の色を変えて、段をはっきりさせたり、足元灯を設けるなど照明にも配慮しましょう。
ゆるやかな階段
スロープを取るほど敷地にゆとりのない場合、高低差をゆるやかな階段で処理する方法があります。元気な介助者がいれば車椅子でも、そのままで階段を移動できます。この場合の踏面は、介助者のスペースを入れ、1段1.2m程度必要です。
お金をかけても大規模なリフォームをしないで地震対策ができる場合もある。←いろいろな物件を見て知識を得よう。
スロープ
足腰が弱くなったときでもスロープは安全に上り下りができ、歩行器や車椅子でもそのまま使え、介助による移動もゆるやかな階段より楽にできます。ただし、スロープは、長い通路が必要になるので、敷地にゆとりがないと設置できません。45cmの高低差を、高齢者が自力で車椅子で上り下りできる勾配(1/15)のスロープにすると、長さは9.15mとなります。平坦なところを、車椅子や歩行器を使い、自力で移動できる人でも、体の状態によっては、こうした緩やかな勾配のスロープでも介助が必要になることがありますので、注意してください。なお、スロープを設置するときは、道路との境にはできるだけ平坦部を設け、車椅子が道路に飛び出さないよう気をつけてください。

家から街へ2

FH079_L
照明
玄関のカギを開けるときに手元が暗くならないよう、照明の位置にに気をつけましょう。人が近づいたり、明るさを感知して点灯する機能を持った照明は、つけ忘れ・消し忘れがなく便利です。特に階段などがある場所は、夜間でも分かるように照明を設けると安全です。足元灯などを効果的に使うのもよい方法でしょう。
インターホン、郵便受け
外部の人の来訪を知らせるドアホンやインターホンは居間や個室などの室内から利用できるものにしましょう。郵便受けなども玄関の中から取り出せる位置に設けておくと、寒い日や雨の日に外まで行かずに用が足せるので便利です。ただしこの場合、防犯には十分注意し、敷地内に人が自由に出入りできないよう建物配置に気をつけてください。
手すり
歩行を助けるため、道路から玄関までに設ける階段やスロープなどアプローチ部分に手すりを設置することがあります。外部に設置することになるので、耐久性や耐光性に配慮しましょう。
不動産は売買も賃貸もリフォームも、失敗しない為には多くの知識が必要です。←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。
道路から玄関(敷地の高低差の処理)
道路から玄関への通路は、敷地の状況によって高低差がある場所です。自力で歩行しやすいよう階段やスロープを設けましょう。敷地の形状によっては車椅子を使用する場合は、段差解消機の設置が必要になることもあるので注意してください。

家から街へ1

FH078_L
年をとると、家にいる時間が増えますが、一般に1日の外出回数も増えるものです。趣味の集まりや買い物、散歩といったことから病院通いまで、その理由は様々です。そこで、こうした普段の生活が続けられるよう、できるだけ自力で外に出やすいようにしましょう。なお、敷地と外の道路との高低差が大きい場所では、車椅子などを使用することができず、外出しづらくなりがちです。道路から家へ続く通路の取り方に気をつけましょう。積極的に外出する人がみられる一方、おとしよりのなかには家に閉じこもってしまう人もいます。できるだけ人と交流を持てるよう、自分が外出しやすいといったことのほか、近所の人や友人、知人が気軽に訪問しやすいよう敷地と家の配置を工夫してください。
リフォームは検討されておりませんか?←こちらからいろいろな不動産知識を蓄えましょう。
玄関回り
庇(ひさし)、ポーチ
玄関前には、万一車椅子を使うときでも安心できるよう、ゆとりのある平坦なスペースを設けましょう。雨の日でも濡れることなく、ドアの開閉やカギの開け閉めができるよう、深めの庇をつけることも考えてください。
玄関扉
玄関とアプローチとの間は、段差のない仕上げにしましょう。玄関扉は、車椅子でも使用できるよう、できるだけ有効開口幅が85cm以上の引き戸にしてください。開き戸を使用する場合は、親子扉にすれば大きな開口幅が取れます。ただし、開く方向によっては車椅子が使用できないこともありますので、玄関前のアプローチの取り方に注意してください。なお、玄関ではなく庭先から車椅子で出入りできるよう想定した場合は、玄関回りは今までどおりの考え方で計画しても問題ありません。敷地と建物の全体配置のなかで考えてください。カギは開閉が分かりやすく、操作しやすいものを選びましょう。

住み慣れた家で生活できるよう、リフォームを計画

FH077_L
●元気な80歳夫婦のこれからを考えて改築予定
品川区在住の80歳男性来所。夫婦二人住まい
「年をとったときのことを考えて家を直そうかと思う」と言われ、思わず記入年齢を見直す。融資のことなどを聞きに区役所に行って、見学を勧められた。3尺増築し、台所をつくる。今までの台所はフローリングにして食堂に変更。玄関の位置を動かし、浴室、トイレ、洗面を全面的に直す。寝室は6畳、畳でふとん。ここは元のままとのことなので、書斎部分と食堂を入れ替え、あるいは4.5畳と続け、ベッドを考えてはどうか。浴室、トイレ、洗面が一直線になることはよい。その注意点を説明。略図を書いてもらおうと思ったが、はっきり分からず。とにかくもう一度大工さんと一緒に来るから、とおっしゃる。何回も「来てよかったナー」と言われるので、こちらもうれしい。姿勢がとてもよいのでほめると、15年前から社交ダンスをしていて、今でも週3回、1回で2.5時間は踊るという。時々、ホールにも行く。「タンゴも踊りますか」と聞くと、「もちろん。あれは体力がいる」と、ステップを踏んで見せてくれる。その動きも大きくてなめらかなこと、お見事!
その他の不動産、リフォームに関する知識や情報は、←こちらからどうぞ。
●同居家族が、入院中の母が家で生活できるよう改築を計画
都内在住の54歳男性来所。両親と同居
父(86歳)、一応元気母(75歳)、居間で転び、雪見障子のガラスに左手を突っ込んで切り、その後のリハピリが悪かったのか、曲がったままに。少し痴呆の症状もあり(今は良好)、改築を控え入院中。二世帯住宅にし、1階に両親の部屋を取る。知人の工務店に依頼し、ラフスケッチができた。「雪見障子のある粋でよい家だった。壊すのは惜しいけどしかたないなあ」。浴室は共用。浴槽はできるだけ大きくという相談だったが、「そうか、としよりはあぶないか」。出入口の寸法、部屋の空間など(二人分のベッドや必要な小物を置くと)「こんな感じとは知らなかった。考え直さないとダメだな。今は大丈夫だけど、だれか寝ついたら夫婦のどちらか仕事をやめなきゃと思っていた。ヘルパーさん、介護用品とかいろいろあるんですね。勉強しなきゃ」。
●同居家族の介護の負担を減らすために改築を梼討
品川区在住の39歳男性。両親と同居
父(72歳)は最近足が弱ってきている。母はかなり太っていて、父の面倒をみるのは無理。なにかと自分がやらないといけないが、大変。自宅内部を改修することで、自分の負担も減るのではと考えて来所。ドア、トイレ、洗面所、手すりについて説明。浴室では、座れる高さ、床の高さを脱衣室と同レベルにし、ドアも引き戸にすると使いやすいこと、シャワーチェアの利用などについて説明。腰かけて浴槽の中に入る方法を説明すると、「ああ、そうすれば一人でも入れる。いつも足を上げてくれとか、なにかと大変なんだ」と、毎日の苦労を話してくれる。階段も手すりが必要と、工事方法を聞かれる。ちょうど区の担当職員が来所したので、申請方法など説明してもらう。費用の問題もあり、悩んでいる様子。介護機器用品で解消できることをアドバイスする。

安全の確保

FH076_L
ガス供給の停止
マイコンメーター
ガス使用の異常を感知すると、自動的にガスの供給を止めます。最近のガスメーターは初めからこうした機能が取りつけられていることもあります。確認してください。
その他の警報装置
ガス漏れ検知器、火災警報機、防犯警報機など。
リフォームなど大きな出費をしなくても、有効な地震対策も有ります。←こちらのサイトから安心できる物件を探してください。
ファクシミリを利用し、普段の連絡を緊密に
電話が普及したことから、離れて住む子供や友人、知人や近所との連絡を、以前より密にすることができるようになりました。その後も情報機器の開発はめざましく、電話を利用して簡単に文字を送れる機器としてファクシミリが一般化し始めています。こうした機器は聴力が低下した人、もの忘れのある人、留守でも確実に伝言が届き、時差のある海外との連絡も苦になりません。上手に利用し、普段から連絡を密にしましょう。離れたところからでも簡単に安否の確認ができるので安心です。
狭いところはすぐに助け出せるよう引き戸か外開き戸に
機器を設置するだけでなく、住まいも緊急時に問題が生じないように気をつけましょう。例えば夜間に寒いトイレで倒れても、緊急を知らせる装置がついていれば連絡することはできます。しかし、ドアが内開きでは、簡単に助け出すことはできません。そこで、トイレや浴室などのように空間が狭く、いざというときに外から簡単に助けることのできない場所は、万一に備え、引き戸にできない場合でも外開きのドアにしましょう。